文字の大きさ
取り組み

チーム医療の推進

緩和ケアチーム

《がん診療を受けている患者さんとそのご家族をチームで支える》

緩和ケアチームは、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな苦痛を抱えているがん患者さんやご家族に対し、早期からの緩和ケアに努めています。チームは、身体症状担当医師、精神症状担当医師、緩和薬物療法認定薬剤師、緩和ケア認定看護師、公認心理師で構成され、回診やカンファレンスを通し、情報・意見交換を行い、患者のQOL維持・向上を目指しています。

《その人らしい生活や価値観を尊重したケアの実践》

看護師は、その人らしい生活を営めるよう看護の視点から症状緩和に努めています。また、治療や療養生活について、患者さんやご家族の意向を確認し、尊重した意思決定につながるよう多職種と連携し支援を行っています。私たち看護師は、切れ目ない緩和ケアの提供ができるよう医療スタッフとのコミュニケーションを大切にしています。

がん相談支援・小児がん相談支援

リエゾンチーム

がん患者さんやご家族と一緒に考え、不安を和らげる身近な存在に。

がん相談支援センターは、全国のがん診療連携拠点病院などに設置されている、がんに関する相談窓口です。治療や療養生活全般、さらには社会復帰などについてがん患者さんやご家族のほか、地域の方の相談を無料で行っています。がん患者さんやご家族ひとりで悩みを抱えることのないよう一緒に考え、必要に応じて多職種と連携を取りながら相談に応じています。

がんの子どもたちに寄り添いながら、長期的な視点でサポートを実施

小児がん相談支援センターでは小児がん患者さんとご家族が安心して治療や療養生活を送れるよう相談に応じています。患者さんとご家族に寄り添いながら一緒に考え、多職種と連携をとり、問題解決へのお手伝いをします。また、長期フォローアップ外来を行い、晩期合併症の対応や小児がん経験者が過去に受けた治療内容を把握し、必要に応じて各診療科に診てもらえるよう調整を行います。

小児緩和ケアチーム

がんやその他の疾患と向き合う子どもたちをチームで支える

  当院の小児緩和ケアチームは、がんと向き合う子どもたちはもちろんのこと、がん以外の疾患をもつ子どもたちに対して身体的・精神的・社会的サポートを行っています。具体的には、小児科医師、小児外科医師、小児歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、チャイルド・ライフ・スペシャリスト、保育士、院内学級教師、理学療法士、社会福祉士が週1回集まってカンファレンスを開き、情報共有や意見交換をしてより良いサポートを検討しています。

子どもたちの近くにいる看護師はチーム医療のキーパーソン

  小児緩和ケアは、成長段階にある子どもたちが対象となるため、子どもたちやご家族と医療スタッフのパイプ役となる看護師の役割は重要です。看護師は、子どもたちのいちばん近くにいるからこそわかる子どもたちやご家族が抱えている問題をキャッチし、それを小児緩和ケアチームメンバーだけでなく、関連する病棟スタッフとも共有することで、治療やケアの質向上につなげています。

外来化学療法室

総合周産期母子医療センター

多岐にわたる化学療法を把握し、増加する外来のがん患者さんに対処。

がん薬物療法や支持療法の進歩により、外来で化学療法を受ける患者さんは増加しています。さまざまな疾患に対する多岐にわたる治療を把握し、限られた時間の中で患者さんの経過や抱えている問題について整理し対処できるように取り組んでいます。

安全で安心できる治療とともに、患者さんに寄り添った継続的な支援を大切に

 安全で確実な薬物の投与管理を行い、有害事象のセルフマネジメントを適切に支援し、治療継続に伴う不安や疑問への支援などを継続して行っていくことも大切な役割です。疾患や治療だけでなく患者さんの個別性、社会背景もふまえた支援を行うために、看護師は、医師、薬剤師、病棟、外来、がん相談支援センターと他部門多職種との連携を行っています。