文字の大きさ
取り組み

委員会活動

看護部の委員会活動

平成28年度の委員会目標

総務委員会
  1. PNSマインド醸成のための取組みと、導入による変化や効果の可視化を図る。
  2. 時間外勤務命令簿の改定後の評価を行う。
  3. 夜間看護加算取得に係る看護助手の定着を図る。
業務委員会
  1. 平成28年度診療報酬改定の重症度、医療・看護必要度について指導を行い精度管理する。             
  2. 業務量調査を行い、始業前・10時間業務における時間外勤務状況を確認し、改善策を提案する。
  3. 看護助手へ研修を行い、看護助手業務の拡大に向けて支援を行う。
教育委員会
  1. 教育プログラム評価・検討を行い、プログラムの充実を図る。
  2. 看護管理の基礎を理解し、看護実践に生かすことのできる中間管理者の育成を推進する。
  3. クリニカルラダ-Ⅲ・Ⅳレベルの評価・指標を見直す。
看護の質向上委員会
  1. 看護の質評価の推進と精度管理を行う。
  2. 職務満足度調査の結果と看護の質評価の結果で対比分析を行う。
  3. 職務満足度調査の項目で得点が低かった項目について得点向上のための取り組みを検討し、実施する。
  4. 診療報酬改定に伴い看護の質評価の項目の改正を行う。
患者サービス向上委員会
  1. 看護職員接遇マニュアルを浸透させ接遇の向上を図るむ。
  2. 看護職員に対するご意見を共有分析し、患者サービスの向上に繋げる。
  3. ユニフォームの洗濯出しマナーの向上を図る。
  4. 患者サービス向上ワーキンググループの活動が充実する。
  5. 患者サービス委員会の活動に協力する。
感染対策看護部委員会
  1. 標準予防策の習慣化に向けて、遵守状況を確認し指導する。
  2. 感染対策遵守に向けて、リンクナースの活動を支援し、他の委員会と連携を図る。
  3. 部署における浸漬消毒物品の減少を図る。
医療安全看護部委員会
  1. 転倒転落防止に向けて取り組む。
  2. 看護職員における膀胱留置カテーテルの挿入に関する現状把握と今後の対策を検討する。
  3. 薬剤管理状況を確認し、適切な薬剤管理を推進する。
  4. 5S運動を推進する。
  5. 「注射・輸液、指差し呼称・3点確認」について継続して取り組む。
記録委員会
  1. 業務委員会と協力し、「重症度、医療・看護必要度」において改定された要件を満たす記録及び記載基準を作成する。
  2. 入院診療計画書が正しく記載されるための看護記録部署監査表の改正を行う。
  3. 看護診断を標準看護計画へ移行し、内容に応じてまとめ、スリム化を図る。
  4. 看護記録ガイドラインの見直し・改正を行う。
倫理委員会
  1. 倫理に関する情報発信を行う。
  2. 倫理問題について部署での事例検討を推進する。
  3. 倫理教育方法について検討する。