文字の大きさ
取り組み

看護部の特徴

【1】急性期医療、高度先進医療に積極的に取り組んでいます。

急性期医療、高度先進医療

ICU10床、救命救急センター32床(救命ICU、CCU、ハイケア病棟)を中心に、手術部も24時間体制で全病院的に急性期医療に取り組んでいます。
また、肝移植、膵・腎同時移植、心臓移植などの移植医療や遺伝子治療等も行われています。 

【2】チーム医療の推進に、さまざまなチームが活躍中です。

チーム医療

病院内に医師、歯科医師、看護師を始め薬剤師、管理栄養士、言語療法士、歯科衛生士等による褥瘡対策チーム、NST、ICT、医療安全対策チーム、緩和ケアチーム等が組織横断的に活躍中です。

【3】看護のスペシャリストを育成しています。

院内認定制度

認定看護師・専門看護師の資格取得を奨励しており、チーム医療の中で看護の専門性を発揮しています。また、院内認定制度を設け、専門的な看護の実践能力の向上に取り組んでいます。 

【4】看護職員教育プログラムが充実しています。

臨床看護実践能力の向上、専門的看護の能力向上を目的にクリニカルラダーを基盤にした看護職員教育プログラムを実施しています。新人看護職員にはプリセプターシップを取り入れ、病棟全体で育成します。

【5】看護実践力ブロッサム開花継続プロジェクトを立ち上げ活動しています。

看護実践力ブロッサム開花プロジェクト平成21年度文部科学省大学改革推進事業「看護職キャリアシステム構築プラン」に採択されました。看護学生・看護職員の看護実践能力の質保証・定着・向上を目的に、医学部保健学科や本学の様々な学部と連携し活動中です。事業は、平成25年度末で終了しましたが平成26年度からは病院独自のプロジェクトとして継続しています。