文字の大きさ
取り組み

新しい看護方式

パートナーシップ・ナーシングシステム(PNS)

パートナーシップ・ナーシングシステム(PNS)とは、看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的とし、副看護師長をコアとしたチームの中で、お互いが良きパートナーとして、対等な立場で、お互いの特性を活かし、相互に補完し協力しあい、その成果と責任を共有する看護方式です。

2人1組が基本

パートナーとなった者同士が、2人1組で行動し、受持ち患者、日々の看護ケアなど、1年を通して共に活動します。

パートナーシップ・ナーシングシステム基本方式

パートナーの選定

ケアの構造

スタッフ全員が集合し、看護師同士が希望を出し合い、相手の同意によって決まります。看護師それぞれの持ち味や得意分野の異なる看護師をパートナーとして選びます。パートナーと勤務がちがう日は、同じチームの他のメンバーがパートナーになります。

スタッフからの感想

  • 先輩と一緒なので、はじめてのことでも安心です。
  • 困った時やサポートしてほしい時にすぐ相談できます。
  • どんなに大変でも2人でいるから安心です。

PNSの1日

08:00
パートナーシップ・ナーシングシステムの一日 朝礼

朝礼

スタッフが集まり、注意が必要な患者さんの情報や看護の方向性などを共有します。

08:30
パートナーシップ・ナーシングシステムの一日 情報収集

情報収集

電子カルテで受け持ち患者さんの状態を確認し、1日のスケジュールを組み立てます、2人行うことで指示受けや与薬の確認がしやすいだけでなく、ダブルチェックによってミスを防ぎます。
情報収集の後は病室をまわり、午前のバイタルサインのチェックを行います。

09:00
パートナーシップ・ナーシングシステムの一日 注射実施

注射実施

注射の準備と与薬を行います。先輩と一緒に行うので確認の作業がしやすく安心です。

 

13:00
パートナーシップ・ナーシングシステムの一日 午後のバイタルサインのチェック

午後のバイタルサインのチェック

1人が測定と状態観察を行い、もう1人が電子カルテに入力します。先輩のケアをお手本にして、患者さんのコミュニケーションや観察のポイントを学ぶことができます。

 

14:00
パートナーシップ・ナーシングシステムの一日 検査・処置

検査・処置

胸腔穿刺やドレナージの介助を行います。2人で役割を分担することで処置の介助と状態観察、記録が同時に行えます。また、その場で分かりやすく指導できることも大きなメリットです。

 

16:45
パートナーシップ・ナーシングシステムの一日 業務終了

業務終了

お互いで業務を確認して定時に終えることが、できます。また、定時に終えることで、自己学習をしたり趣味を楽しんだり、オフの時間を活用できます。