文字の大きさ
専門・認定看護師

慢性心不全看護認定看護師

慢性心不全看護認定看護師の役割と活動内容

実践

  慢性心不全患者さんの多くは増悪と寛解を繰り返しながら、生涯心不全と付き合っていく必要があります。心不全の増悪を回避するためには薬物治療なども必要ですが、それと同時に自宅での生活改善が重要となります。慢性心不全看護師の役割は、患者さんのQOLを保ちつつ、患者さんがこれからの人生をどう生きたいかを明確にし、そのために必要な改善点を患者さんやご家族と考え、継続支援が行える看護師を育成することだと考えています。まずは患者さんやご家族の話をしっかり聞き、患者さんの個別性やニーズに合わせたセルフケア支援を、多職種を交えたチームで考え、実践していきたいと思います。

指導

  研修会、勉強会の開催を通し、慢性心不全看護の知識や質の向上を目指します。

相談

  慢性心不全患者さんへの対応や生活支援、ご家族との関わりを通じて困ったこと等様々な相談に対応していきたいと考えています。