文字の大きさ
専門・認定看護師

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護認定看護師の役割と活動内容

実践

外来化学療法室を利用する患者さんのケアを主として勤務しています。化学療法は入院から外来へ移行し、患者さんはセルフケアを在宅で行わなければなりません。副作用用のセルフマネジメントへの適切な支援、治療の継続に伴う不安や疑問への支援を継続し、私たちは、化学療法を受けている患者さんを心から支え、安全に確実に少しでも治療を安楽に提供できるように努力しています。また、がん相談支援室や緩和ケアチームと連携を図り、がん患者さんのためチーム医療に取り組んでいます。

指導

がん化学療法は日々発展しており、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬など新規抗がん剤が導入されています。各がん腫による治療法を把握することが重要です。その治療法や制吐剤などの副作用に対する支持療法、抗がん剤の投与管理を抗がん剤治療にあたる看護師へ啓蒙することも認定看護師としての重要な役割です。院内外の研修に携わることで自分自身の知識向上となり、患者ケアの充実に繋げていきたいと考えています。

相談

抗がん剤の有害事象への対策、職業性曝露対策など相談を受け、課題解決に向けて一緒に取り組んでいきます。

外来化学療法室  
外来化学療法室
ベッド11床、リクライニングチェア10台