文字の大きさ
専門・認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師の役割と活動内容

実践

がんの痛みは、身体的なものだけでなく、精神的、社会的、スピリチュアルなど様々な理由で痛みが出現します。痛みを体験している人を理解し、痛みを和らげる方法を患者さんと一緒に考え、実践し、評価していくことが大切であると考えています。患者さん個々がその人らしい生活を送ることができ、生活の質(QOL)を高めることを目標として、痛みをはじめとする苦痛症状が少しでも緩和できるように、メディカルスタッフと共に疼痛緩和ケアの提供を行っています。

指導

院内・院外で医療用麻薬の使用方法や疼痛緩和ケアの知識・技術の向上を図るため勉強会、研修会を行っています。

相談

患者さんの身体的・心理、社会的苦痛に関する病棟からの相談があれば、随時対応しています。患者さんに直接お会いすることが無くても後方支援としてメディカルスタッフとの協働に取り組んでいます。

その他