文字の大きさ
専門・認定看護師

認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師の役割と活動内容  

実践

  看護において最も大切にしていることは、認知症を持つ患者さんの視点でのケアを実践することです。患者さんの声に耳を傾け、言動に決め細やかに心を配りながら寄り添うことで、治療に患者さんの「きぼう」や「意思」が反映できるように働きかけています。また、安心して治療を受けて頂くことができるように、多職種や家族と連携して環境調整を行っています。 

指導

  患者さんに対する関わり方や対応についてスタッフとともに考え、認知症看護の質の向上を図っています。院内・院外を問わず、認知症看護の知識、技術の向上を図るために研修会を行っています。

相談

   認知症看護に関する相談には随時対応しています。丁寧なアセスメントを心がけ、最善の看護を実践できるよう、ともに考えていきます。

 

  患者さんと温かな「かかわり」や「ふれあい」を大切にします。身体疾患のため入院生活を送っている認知症を持つ患者さんにとって、優しい九州大学病院となれるように努めていきます。