文字の大きさ
専門・認定看護師

小児救急看護認定看護師

救命救急センター救命ICU

小児救急看護認定看護師の役割と活動内容

実践

患児のフィジカルアセスメントを適切に行い、病態悪化の早期発見と迅速な対応に努めています。また家族に対して哺乳、おむつ交換、沐浴などの手技を指導し、育児支援を行っています。今年度より看護部に子ども虐待対策推進委員会が新設され、メンバーの一員として活動を行っていく予定です。

指導

院内外において痙攣・脱水時の対応、子どもの解剖・生理学的特徴など、小児救急看護に関する指導を行っています。院内認定CPCRインストラクターの一員として、看護師への子どものBLS指導も行っています。

相談

人工呼吸器装着中の患児の看護や救急カートの整備など、相談に応じています。

その他

小児救急看護認定看護師には、小児救急看護ケアの質の向上、子ども虐待の早期発見と対応、家庭における初期対応指導、事故予防指導、育児支援など、多くの役割が求められています。九州大学病院を受診した患児が、救急の状況を乗り越えられるように、それぞれの成長発達段階に応じた、安全で質の高い看護ケアが提供できるように努力しています。

小児救急看護認定看護師
BLS勉強会
子どものBLS勉強会の風景。