文字の大きさ
専門・認定看護師

がん放射線療法看護認定看護師

がん放射線療法看護認定看護師の役割と活動内容

実践

放射線療法は、手術療法・化学療法とならび、がん治療の3本柱のひとつです。放射線治療は臓器の機能と形態を温存でき、身体への負担が少なく患者さんのQOLを高く保持できるという特徴があります。化学療法との組み合わせや症状緩和にも広く利用されるようになり、今後放射線治療を受ける患者さんは増加することが予想されます。個々の患者さんが、安心して治療を受けられるよう、治療の種類や病状にあわせた援助を行います。

指導

放射線治療は看護師にとっても理解しにくい治療のひとつです。勉強会や研修会をとおして治療内容や患者さんへのケア方法の指導を行い知識の向上を目指します。

相談

放射線治療に関する不安への対応や有害事象のケアなど、放射線治療に携わるスタッフからの相談を受けます。