文字の大きさ
各部署紹介

がん相談支援センター

部署説明と主な疾患

がん相談支援センター

「がん相談支援センター」は、全国のがん診療拠点病院などに設置されている、がんに関する相談窓口です。患者さんやご家族のほか、院内院外を問わず、地域の方々はどなたでも無料で相談できます。
国が指定した研修を修了した相談員(看護師1名・ソーシャルワーカー2名)が常駐しており、面談または電話で相談に対応しています。がんの治療・検査・副作用、セカンドオピニオンや治療可能な病院の情報、医療費など経済的問題や社会保障制度、地域の医療機関などについて相談することができます。

看護の特徴

がんの治療について、患者さんやご家族の不安を傾聴し、一緒に考えたり、情報提供を行うことで意思決定を支援します。外来化学療法室・緩和ケアチームと情報共有し、連携をとることで、患者さんが安心して治療に臨めるようサポートしています。

〔クローバー会〕
九州大学病院のがんセンターでは皆様にがんに関する正しい情報提供を行い、少しでも日常生活を快適に過ごして頂くための勉強会を行っています。                    

メッセージ(がん看護専門看護師より)

患者さんから相談を受けて困った事はありませんか?
がん相談支援室では、患者さん・ご家族への情報提供として、クローバー会を企画・実施しております。情報提供することで、セルフケアを促し、治療への参加意欲を持ってほしいと思っております。興味がある方はぜひ一度参加してみませんか?