文字の大きさ
各部署紹介

がんセンター 緩和ケアチーム

部署説明と主な疾患

当院は、平成20年2月に福岡県がん診療連携拠点病院に指定され、同年4月から医師、専従看護師、がん専門薬剤師、臨床心理士で構成される緩和ケアチームが発足しました。緩和ケアチームは、がん診療を受けている患者さんのからだの痛みやこころの苦しみを和らげ、その人らしい生活を送れるように援助いたします。専門スタッフがチームを組んで、患者さんとご家族をサポートいたします。

当院では緩和ケア科や緩和ケア病棟はありませんが、平成23年5月より緩和ケア外来(予約制)がスタートしました。

看護の特徴

  1. がんと診断された時から患者さん、ご家族の心身の苦痛に対する緩和ケアの提供を行います。
  2. その人の価値観、生活状況を理解し、患者さんとご家族が納得した治療が受けられるよう、代弁者として患者さん、ご家族の意向を医療チームへ伝え、意思決定のプロセスを支援します。
  3. 主治医や看護師と緩和ケアチームが効果的に協働できるように、多職種と連携・調整を行います。

メッセージ(緩和ケア認定看護師より)

がんセンター 緩和ケアチーム

看護師の緩和ケアに関する知識や技術の向上にむけ、勉強会の開催や院内認定看護師、緩和ケアリンクナースの育成に取り組んでいます。