文字の大きさ
各部署紹介

光学医療診療部

部署説明と主な疾患

光学医療診療部

光学医療診療部は中央診療部門として、全診療科を対象として内視鏡に関連する検査と先進的治療を年間約1,3000件行っています。医師、看護師、看護助手、臨床工学技士、内視鏡洗浄員、クラークが連携して業務を行っています。資格として消化器内視鏡技師資格を取得することが出来ます。

主な検査

拡大内視鏡、超音波内視鏡、ダブルバルン内視鏡、カプセル内視鏡、食道・十二指腸乳頭圧測定、気管支針吸引細胞診などの精密検査、主な治療は早期癌に対する粘膜切除術、粘膜下層剥離術、ポリープ切除術、止血術、食道静脈瘤硬化療法、胃瘻造設術、呼吸器の経気管支レーザー照射、バルーン拡張術、ステント留置術などです。主な疾患は、食道がん、食道炎、食道静脈瘤、胃がん、胃潰瘍、胃ポリープ、十二指腸潰瘍、胃悪性リンパ腫、小腸腫瘍、小腸ポリープ、大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病などです。

看護の特徴

入院、外来の患者さんに対し、検査・治療の不安や緊張・苦痛を軽減するための配慮を行い、安全で安楽な看護を提供することを心がけています。また、鎮静剤を使用した場合の気道確保や生体モニターによるバイタルサインの変化に特に注意し、異常の早期発見に努めています。

更に、内視鏡から感染を起こすことが無いよう、ガイドラインに沿った感染管理を徹底して行っています。

メッセージ

光学医療診療部では内視鏡を用いた検査・治療のために、様々な状態や基礎疾患を持つ患者さんが来られます。豊富な知識や技術が求められる部署です。

新人でも、部署の教育プログラムに沿って学習が出来ます。内視鏡看護の他、内視鏡機器操作や生検操作なども学び、成長した自分を感じることが出来ます。
個人の目標が達成できるように、全員でサポートします。