文字の大きさ
各部署紹介

グローバル感染症センター(感染管理担当)

部署説明と主な疾患

グローバル感染症センター(感染対策担当)

患者さんだけでなく職員を感染から守るため、病院全体で感染対策を実践できるようICT(Infection Control Team)の一員として活動しています。

主な活動は以下の項目になります。

  1. 病院感染サーベイランス:疫学的知識に基づき、病院感染発生に関するデータの収集・分析・評価を実践し、現場にフィードバックする。
  2. 感染防止のための基準とマニュアル作成:疫学的調査により感染防止効果が認められた対策を選別した上で、それらを部署の状況にあわせてマニュアルという形で導入する。
  3. アウトブレイクの調査と対策への直接関与。
  4. 職業感染防止:全職員に対して、職業感染防技術の教育・指導を行い、評価する。
  5. 感染管理教育:効果的な感染対策実践に向け、集合・現場教育の実践・評価を行う。
  6. コンサルテーション:病院で働くすべての人に対して、コンサルテーションを行う。
  7. 環境管理:患者に安全で衛生的な療養環境を提供するために環境整備を推進する。

看護の特徴

患者さん及びご家族、全職員を対象に感染防止技術の教育・指導を行い、安全な医療環境が提供できるように看護の視点から指導援助を行っています。

感染に関する最新の情報を提供し、科学的根拠に基づいた効果的な感染対策が病院全体で組織的に実践できるよう研修会の実施や現場ラウンドでの状況確認、指導等を行っています。薬剤耐性菌が検出された際には、ICTで現場へ赴き、部署のスタッフへ感染対策の指導を行っています。

メッセージ

感染管理は、病院全体で組織的に取り組んでいくことが重要です。感染管理認定看護師として、他職種との連携を図り、組織横断的に活動しています。

臨床現場における感染対策の質向上を目指し、平成22年度より感染管理の院内認定看護師育成研修を開始しました。平成28年6月1日現在、31名の院内認定看護師(平成28年度は4名受講中)が誕生し、医療関連感染の低減に向け、私たちと協力しながら、各部署で活躍してくれています。