文字の大きさ
各部署紹介

医療安全管理部(医療安全担当)

部署説明

医療安全管理部(セーフティマネージャー)

セーフティマネージャーは専任の医療に係る安全管理を行う者として、平成13年に設置されている。医療法施行規則に基づき医療安全管理委員会と医療安全管理部が設置され、その実務を担当する。そのため、病院内を職種、部門を越えて組織横断的な活動を行っている。

実際の活動にあたっては、各部署のリスクマネージャーと連携しながら、各部署で発生しているインシデント等についての情報収集、データ集計・分析を行い、必要な対策を講じていく。これらを定期的な「インシデント情報」や院内研修会で職員にフィードバックして、安全に向けた行動に繋がるよう働きかけを行っている。

主な業務内容

  1. 医療安全管理委員会の庶務に関すること、医療安全管理部の業務の企画立案および評価に関すること。
  2. 事故等に関する診療録や看護記録等への記載が、正確かつ十分になされていることの確認を行うとともに、必要な指導を行うこと。
  3. 患者さんやご家族への説明など、事故発生時の対応状況について確認を行うとともに必要な指導を行う。
  4. 事故等の原因究明が適切に実施されていることを確認するとともに、必要な指導を行う。
  5. インシデントレポート及び診療経過等報告書の分析に関すること。
  6. 医療安全に係る職員の教育・研修に関すること。
  7. 医療安全に係る連絡調整に関すること。
  8. 医療安全管理マニュアルに関すること。
  9. その他医療安全対策の推進に関すること。