文字の大きさ
各部署紹介

南棟9階2病棟

部署説明と主な疾患

消化管外科、胆道・膵臓・膵臓移植外科、呼吸器外科、乳腺外科、内分泌外科【9階2病棟】

当病棟は、消化管外科、肝胆膵・膵臓移植外科、腎臓移植外科、呼吸器外科、乳腺外科、内分泌外科の一般外科病棟です。

 がんの患者さんには、手術療法を中心に化学療法や放射線療法などの治療を組み合わせ、患者さん一人ひとりに最適な医療を提供できることを目指しています。また、膵・腎移植の症例も年々増加しています。近年、腹腔鏡下での手術がほとんどを占めており、術創も小さく、術後の痛みが軽減するなど患者さんへの侵襲も軽減しています。

緩和ケアチーム、NST、皮膚排泄ケア認定看護師、医療連携センター等との連携を積極的に行っています。

主な疾患

食道がん、食道胃接合部がん、胃がん、食道・胃・小腸・大腸粘膜下腫瘍(GIST)、十二指腸がん、小腸がん、結腸がん、直腸がん、クローン病、潰瘍性大腸炎、肝臓がん、肝内結石症、胆のう結石症、総胆管結石症、慢性腎不全、肺がん、乳がん、甲状腺がん

看護の特徴

急性期外科病棟であり、周術期看護を行っています。手術を受ける患者さんの不安が可能な限り軽減できえるよう、術前オリエンテーションやインフォームドコンセントの同席を行っています。術前から合併症を持つハイリスクな患者さんも多く、術後は合併症を起こさないよう観察に努めるとともに、社会復帰に向け、早期回復できるよう疼痛コントロールを行いながら、早期離床へ取り組んでいます。

メッセージ(2年目看護師から)

消化管外科、胆道・膵臓・膵臓移植外科、呼吸器外科、乳腺外科、内分泌外科【9階2病棟】

  当病棟はがん患者さんが多く、周術期や化学療法の看護などがん看護について詳しく学ぶことが出来ます。その他に膵腎移植などもあり、多くのことを経験できるため、幅広い知識や技術を身につけることができます。
入職時は不安なことも多かったのですが、プリセプターを中心とする先輩看護師からの丁寧な指導やパートナーシップ・ナーシングシステムによって、安心して患者さんと関わることができ、自分自身の成長を感じることが出来る病棟です。