文字の大きさ
各部署紹介

南7階2病棟

部署説明と主な疾患

脳神経外科を主体とし耳鼻咽喉科・頭頚部外科、神経内科、共通病床を含む混合病棟です。

小児~老年期までの幅広い患者さんを対象とし、脳神経外科・、耳鼻咽喉・頭頚部外科では周手術期の管理を主とします。

患者さんには、入院後精査が行われ、手術適応の有無が総合的に評価されます。術後は病理結果と合わせて患者さん・ご家族を含めて治療の検討を行います。必要に応じて化学療法・放射線治療を行います。

また、救命救急センターから亜急性期の脳疾患患者さんの受け入れも行っています。
神経内科、共通病床ではその科に応じた専門的な検査・治療を実施していきます。

主な疾患

脳腫瘍(神経こう腫/髄膜腫/下垂体線種/頭蓋咽頭腫/神経しょう腫/悪性リンパ腫)、脳血管障害(未破裂脳動脈瘤/もやもや病/動静脈奇形/脳出血)、難治性てんかん、パーキンソン病、顔面けいれん、三叉神経痛、脊椎・脊髄疾患、小児・中枢神経奇形

看護の特徴

患者さん1人に対して1人のプライマリー看護師を含めたパートナーシップ・ナーシングシステム方式で受け持ち、看護を展開します。周手術期の治療、その後の治療が円滑に進むよう、患者さんの高次脳機能障害・運動障害の変化に注意を払い、医師・リハビリスタッフと連携し専門的に援助を行っています。

緊急入院の場合も多々ありますが、小児を含む患者・付き添う家族の精神的なサポートを心掛けています。

メッセージ(3年目看護師より)

南7階2病棟は、スタッフ皆の仲が良く、気軽に相談や報告等ができ、とても働きやすい環境です。また、医師、リハビリスタッフと連携しながら、病状に伴う症状の変化を的確に判断し、ADLの獲得のための訓練や援助を行います。

患者さんが笑顔を取り戻された時は、看護師として本当に嬉しく思い、やりがいに繋がります。