文字の大きさ
各部署紹介

救命救急センター(救急外来)

部署説明と主な疾患

救命救急センター(外来)

救命救急センターは『命の砦』として、重篤な3次救急患者さんを受入れています。救急外来は『最初の砦』です。救命処置や初期診療を行うため24時間体制で救命ICU・ハイケア病棟看護師が勤務しています。

 

主な疾患

交通外傷、急性薬物中毒、熱傷、脳梗塞、クモ膜下出血など

看護の特徴

成人・老年・小児・妊産婦、外科・内科など様々な患者さんと、そのご家族を救急看護の対象としています。迅速に緊急度を判断し、少ない患者情報からアセスメントを行い、救急対応と看護援助を行っています。同時に、急病や突然の受傷により患者さんとその家族は、精神的に不安定であり、心境を把握・理解するよう受容的な対応を心がけています。

また、ハリーコール(院内蘇生チーム)Rapid Response System(RRS)といった院内救急システムの一員としての役割や、災害拠点病院及びDMAT(災害医療チーム)指定医療機関のため災害医療への対応も行っています。

また、突然の受傷で患者さんは不安や恐怖心をもっている場合が多いので、心境を把握・理解するよう受容的な対応に心がけています。同時にご家族が心理的な満足感を得ることができるように配慮しています。

メッセージ(4年目看護師)

救命救急センター(外来)

救急外来では、医師や臨床工学技士などの多職種と協働し、患者さんの『気道・呼吸・循環・意識状態の安定化』を迅速に行います。
救急看護は、様々な知識や技術が必要であり、様々な症例を想定したシミュレーション教育を受けながら、看護実践の向上を図っています。また、突然受傷した患者さんやご家族に対する精神的サポートができるように心がけています。