文字の大きさ
各部署紹介

医療器材サプライセンター

部署説明と主な疾患

医療器材サプライセンター

外来(医科、歯科)・病棟・手術部で使用した医療器材を、洗浄・組立・包装・滅菌・保管・供給する業務一元的に行います。

器材は洗浄装置(12台)、搬送用カートはカート洗浄機(2台)で洗浄します。滅菌は、高圧蒸気滅菌装置(8台)・酸化エチレンガス滅菌装置(2台、エアレーター2台)・過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌装置(3台)を用いて、器材に適した滅菌を行っています。滅菌は物理学的方法・化学的方法・生物学的方法で確認し、滅菌を保証しています。増加する手術件数や多様な医療器材の供給のため、自動洗浄システム、自動滅菌搬送システム、手術器材自動保管・搬送システムを駆使する自動化された滅菌部門として稼動しています。

看護の特徴

看護師長1名、副看護師長1名、外部委託者30名で業務を行っています。
看護師は安心・安全な質の保証された滅菌物の提供を第一に、医療器材供給の管理において重要な役割を担っています。年2回全部署の滅菌物の保管状況について、滅菌物運用管理チェックリストを用いラウンドや指導を行っています。

滅菌物は保管状況と使用前の確認がポイントです。取り扱う前には必ず手指衛生を行い、有効期限・包装の破損の有無・滅菌の確認を行ったうえで使用して下さい。直接的な看護ではありませんが、九州大学病院の医療・看護の質向上に貢献できる仕事です。

メッセージ(看護師長から)

 私たちは、直接患者さんと接する機会がなく、地味な存在と思われるかもしれませんが、院内感染防止ならびに医療安全のためになくてはならない、まさに縁の下の力持ちの部署です。現場の看護師の業務の効率化のためにも、日々頑張っています。