文字の大きさ
各部署紹介

精神科神経科(ウエストウイング1階病棟)

部署説明と主な疾患

診療科は精神科神経科です。
脳の機能不全や心理社会的な要因によって生じるこころの病気を診療対象とし、医師・看護師・薬剤師・精神保健福祉士・作業療法士・臨床心理士等多職種のスタッフが協働して、子どもから高齢者まで幅広い年齢層の患者さんの治療にあたっています。
病床数は39床、隔離室や準隔離室を備えた閉鎖病棟で、急性期病棟として機能しています。治療抵抗性で診断や治療の難しい患者さんも多く、近年は身体合併症を抱えた患者さんの入院が増えてきています。

主な疾患

統合失調症、うつ病、双極性障害、強迫性障害、発達障害、非定型精神病、認知症、適応障害、精神遅滞、症状性精神障害、気質性精神障害

看護の特徴

急性混乱や昏迷状態で隔離や拘束を必要とすることも多く、セルフケアのレベルや身体面で手厚い看護が必要です。危機管理は重要で患者さんが安全で安心できる治療的環境を提供する責任を担っています。

患者・看護師関係を重視しながら、ケアの実施に対して根気強く関わり、患者さんの自立を支援しています。精神面と身体面の両方から患者さんの訴えを含め丁寧に観察し、正しく評価し対処することが重要で、薬物療法の効果と副作用のモニタリングも大事な看護です。

入院患者さんの早期社会復帰に向け、退院前訪問指導を行っています。

メッセージ(2年目の看護師から)

 

  精神科神経科は、専門性が高く難しいところもありますが、良き先輩方にご指導いただき日々成長できています。身体疾患を 合併している患者さんも多く、精神症状と併せた看護ケアを学ぶことができます。多職種と連携してチームで医療を提供できる  よう日々取り組んでおり、とてもやりがいのある病棟です。