専門・認定看護師

透析看護認定看護師

透析看護認定看護師の役割と活動内容

実践

 透析患者さんは、食事・体重管理、バスキュラーアクセスの管理など透析療法を継続していく上で社会や家庭での生活の調整が必要とされ、生涯継続していくことになります。また、患者さんだけでなく生活をともにするご家族の理解と協力が必要不可欠です。一人ひとりの患者さんを理解しセルフマネジメント能力が十分に発揮できるよう支援します。
血液透析はチーム医療を必要とする専門的治療です。チームの一員として、多くの合併症を抱えた透析患者さんへ安全で安楽な透析治療を提供しています。腹膜透析はカテーテル管理、感染管理など合併症予防のためにセルフマネジメントを行っていく必要があります。正しい管理を行い、満足度の高い治療を継続していくために指導を行っています。
長い療養生活を努力してきた慢性腎不全患者さんへ、腎代替療法選択のための情報提供を行い、生活背景から適切な選択ができるように支援しています。

指導

 透析患者さんが多く入院する関連部署などにおいて、腎不全看護・透析看護に関する勉強会を実施しています。院内の専門看護研修では、腹膜透析やCKD患者の看護について学習会を行っています。

 

相談

 各病棟に入院している慢性腎不全患者・透析患者さんに関する相談に対応しています。