文字の大きさ
教育体制

プリセプターシップ

プリセプターシップとは

九州大学病院看護部 プリセプターシップ

プリセプターシップとは新人看護職員(プリセプティ)が仕事と職場にスムーズに 馴染めるように、技術的な指導とメンタル面のサポートを行う教育システムです。1年を通して若手の先輩がプリセプターを担当し、深刻なリアリティショックを体験することなく、看護が実践できるように支えます。看護部では、さらにプリセプターの相談役としてベテラン看護職員によるエルダーを設けて、共にプリセプティへの指導が適切に行われるようにバックアップしています。

プリセプターシップに関する基本方針

 

  1. 新人看護職員の育成は、スタッフや管理者を含めた全員で育てるという意識を一人ひとりが持って関わっていく。
  2. プリセプターはプリセプティの指導や教育全般に関わっていくが、特にプリセプティの「職場への適応」「精神面での支援」を行なうことが重要な役割である。
  3. プリセプターの相談役としてエルダー(リーダークラスの看護職員)を設けプリセプターを支援する。
  4. プリセプター、エルダー、教育担当副看護師長は、お互いの意見交換や情報共有の場を定期的に設け、プリセプティに対して意図的に育成する意識を持つ。

プリセプター支援教育研修

プリセプターシップの役割と機能を学び、プリセプターとしての能力を高める目的で、計28時間のプリセプター支援教育研修を実施しています。

プリセプターシップサポート体制

プリセプティ、プリセプターをエルダーを中心とした全スタッフ、副看護師長、看護師長がチームとして支援する体制をとっています。

プリセプターシップサポート体制

現場の声

南棟9階2病棟

手厚い新人サポート体制のお影絵安心して働くことができます。
新人看護師

プリセプティ

入職前は不安も多かったのですが、プリセプターやエルダーの先輩を始めとする手厚い新人サポート体制のおかげで安心して働くことができています。毎月の集合研修では基礎から看護技術を学ぶことができるだけでなく、eラーニングで繰り返し自己学習ができるため、実践につながり、学びの多い充実した日々を送っています。

新人看護師がゆとりと安心感を持てるように心掛け、日々共に成長しています。

プリセプター

プリセプター

新人看護師に教えるばかりでなく、教わることも多く、日々共に成長しています。プリセプターとして、新人看護師がゆとりと安心感を持つことが出来るように心掛けています。新人看護師は初めての業務や多重業務の中で不安になることが多いので、エルダーやスタッフに相談しながら、全体でフォローできるようにコミュニケーションをとっています。新人看護師が、少しずつ成長している姿を見ると、自分のことのように嬉しくなります。

プリセプターとの情報共有、連携を図りながら、新人看護師をサポート。

エルダー

エルダー

新人看護師の技術的・精神的サポートを行い、同時にプリセプターがゆとりをもって新人をサポートできるよう、それぞれと密にコミュニケーションをとっています。新人看護師は処置の介助に慣れないことを不安に感じていることが多く、一緒に業務の振り返りを行い、プリセプターとも情報を共有しています。不安や疑問点を解決していくことで、新人が安全なケアを行いながら患者さんとの信頼関係を築けていることにやり甲斐と喜びを感じています。