文字の大きさ
教育体制

プリセプターシップ

プリセプターシップとは

九州大学病院看護部 プリセプターシップ

プリセプターシップとは新人看護職員(プリセプティ)が仕事と職場にスムーズに 馴染めるように、技術的な指導とメンタル面のサポートを行う教育システムです。1年を通して若手の先輩がプリセプターを担当し、深刻なリアリティショックを体験することなく、看護が実践できるように支えます。看護部では、さらにプリセプターの相談役としてベテラン看護職員によるエルダーを設けて、共にプリセプティへの指導が適切に行われるようにバックアップしています。

プリセプターシップに関する基本方針

 

  1. 新人看護職員の育成は、スタッフや管理者を含めた全員で育てるという意識を一人ひとりが持って関わっていく。
  2. プリセプターはプリセプティの指導や教育全般に関わっていくが、特にプリセプティの「職場への適応」「精神面での支援」を行なうことが重要な役割である。
  3. プリセプターの相談役としてエルダー(リーダークラスの看護職員)を設けプリセプターを支援する。
  4. プリセプター、エルダー、教育担当副看護師長は、お互いの意見交換や情報共有の場を定期的に設け、プリセプティに対して意図的に育成する意識を持つ。

プリセプター支援教育研修

プリセプターシップの役割と機能を学び、プリセプターとしての能力を高める目的で、計28時間のプリセプター支援教育研修を実施しています。

プリセプターシップサポート体制

プリセプティ、プリセプターをエルダーを中心とした全スタッフ、副看護師長、看護師長がチームとして支援する体制をとっています。

プリセプターシップサポート体制

現場の声

新人看護師からエルダーまで

不安や悩みを理解してくれる先輩に支えられて、安心して看護の道を歩むことができています。
新人看護師 

プリセプティ

 日々、先輩のプレセプターに業務や患者さんとの関わりなどをフォローしていただきながら、勤務しています。さらに、プリセプターを指導するエルダーは、仕事や精神面を支えてくださる、とても大きな存在です。とくに印象に残っているのは、新人看護師と悩みや喜びを共有できた「フォローアップ研修」。皆で一緒に乗り越えていこう!と前向きになれました。患者さんに寄り添える看護師になれるよう、成長していきたい。

新人看護師が頼れる存在として、無理なく成長できるよう指導しています。

プリセプター

プリセプター 

 新人看護師が不安や悩みを抱え込まないように、なんでも相談できる存在でいられるように心がけています。また、課題を明確にして毎月の目標を設定することで、新人看護師がマイペースで成長できるように導いています。新人看護師と一緒に力を合わせて看護した患者さんが、無事に退院されるときの感激はひとしお。元気になられた患者さんからいただく「ありがとう!」という感謝の言葉は、私たちの原動力でもあります。

すぐに相談できる、一緒に学んでいける。そんな環境を整えて、新人看護師を支援しています。

プリセプター

プリセプター 

 常に新人看護師が話しかけやすい雰囲気づくりを心がけています。業務はもちろんですが、体調やメンタル面でも、気になったときはすぐに声をかけて不安を解消し、安心して勤務できるように指導しています。技術向上のためには、e-ラーニングやシミュレーターを活用して予習・復習を一緒に行い、チェックリストで技術習得状況を把握。その結果を全スタッフが共有して、病棟全体でサポートできるように取り組んでいます。

誇りをもって、プラス思考の看護が実践できるように導いています。

エルダー

エルダー 

 病棟の勤務には日々、緊張感が必要とされますが、新人には特に看護師としての誇りをもって、意欲的な看護ができるように支援しています。また、それぞれの長所を引き出せるように、適性に応じた指導をしています。プリセプターとプリセプティが一緒になって、自分たちの看護実践を振り返り、それぞれの課題を1つ1つ乗り越えていく姿は、とてもたくましいもの。彼女たちの成長こそが、私にとっての大きな喜びとなっています。