文字の大きさ
教育体制

プリセプターシップ

プリセプターシップとは

九州大学病院看護部 プリセプターシップ

プリセプターシップとは新人看護職員(プリセプティ)が仕事と職場にスムーズに 馴染めるように、技術的な指導とメンタル面のサポートを行う教育システムです。1年を通して若手の先輩がプリセプターを担当し、深刻なリアリティショックを体験することなく、看護が実践できるように支えます。看護部では、さらにプリセプターの相談役としてベテラン看護職員によるエルダーを設けて、共にプリセプティへの指導が適切に行われるようにバックアップしています。

プリセプターシップに関する基本方針

 

  1. 新人看護職員の育成は、スタッフや管理者を含めた全員で育てるという意識を一人ひとりが持って関わっていく。
  2. プリセプターはプリセプティの指導や教育全般に関わっていくが、特にプリセプティの「職場への適応」「精神面での支援」を行なうことが重要な役割である。
  3. プリセプターの相談役としてエルダー(リーダークラスの看護職員)を設けプリセプターを支援する。
  4. プリセプター、エルダー、教育担当副看護師長は、お互いの意見交換や情報共有の場を定期的に設け、プリセプティに対して意図的に育成する意識を持つ。

プリセプター支援教育研修

プリセプターシップの役割と機能を学び、プリセプターとしての能力を高める目的で、計28時間のプリセプター支援教育研修を実施しています。

プリセプターシップサポート体制

プリセプティ、プリセプターをエルダーを中心とした全スタッフ、副看護師長、看護師長がチームとして支援する体制をとっています。

プリセプターシップサポート体制

現場の声

北棟11階1病棟

不安が自信に変わる教育とサポートが受けられます。
プリセプティ

プリセプティ

学校と現場では必要とされる技術の内容やレベルが違うので、しっかりと新人教育を行っている当院を志望しました。月1回行われる集合研修は、病棟で必要な技術と知識を実践的に学べるので自信をもって臨めます。毎日の業務ではプリセプター、エルダーをはじめとする先輩方がサポートしてくださるので安心です。

新人看護師が笑顔で働けるよう話しやすい関係を心がけています。

プリセプター

プリセプター

年齢が近い先輩として、新人看護師が慣れない業務・環境の中で安心して仕事ができるようサポートするのがプリセプターの役目です。マンツーマンで新人看護師を担当するので、ちょっとした不安や悩みにも気づいて力になれるよう心がけています。勤務が合わない時も、しっかりサポートできるよう部署の先輩たちと情報共有しているので安心してください。新人看護師が笑顔で働いている姿を見ると、自分のことのように嬉しくなります。

きめ細かいサポートをするためプリセプターとの連携を大切に。

エルダー

エルダー

新人看護師の技術的・精神的サポートをするほか、プリセプターがゆとりをもって適切なサポートができるように、それぞれと密にコミュニケーションをとるようにしています。担当する新人看護師がはじめて処置介助をすることになり、すごく緊張していると聞いたので一緒にデモストレーションを行ったところ、落ち着いて介助できました。技術を習得できただけでなく、安全なケアを行い患者さんと信頼関係を築けたことに喜びを感じます。