文字の大きさ
看護部の紹介

看護部の理念・基本方針

病院の理念

理念

看護部の理念・基本方針

理念
私たちは、人間性を尊重し、患者さんに信頼される質の高い看護を提供します。
基本方針
  1. 患者さんに満足される安全で安心な看護を提供します。
  2. 豊かな人間性と高度な専門的知識・技術を持ち、適確に判断し実践できる看護職員を育成します。
  3. 大学病院の使命を認識し、専門職として自己研鑽に努めます。
  4. 多部門と協働し、患者さんを中心とするチーム医療を推進します。
  5. 大学病院の看護職員として、看護・教育・研究を通し地域に貢献します。
  6. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画します。

平成20年6月、看護師長及び副看護師長を中心に「看護部の理念の見直し及び基本方針の策定プロジェクト」を立ち上げ、平成14年3月より掲げている看護部の理念の見直しと新たに基本方針の策定を行いました。新たな理念及び基本方針については、全看護職員の意見や思いを反映したものを策定することを目標に活動を行ってきました。

作成は各部署から提出された「SWOTアナリシス」の「あるべき姿」を集約するところから開始し、全部署との検討を数回重ね、看護職員の意志や思いが反映されたものになったと考えています。

理念は、看護部が現在目指すあるべき看護の姿を示したものです。また、その理念を達成・実現するため基本方針として「看護実践」、「人材育成・教育」、「自己研鑽」、「チーム医療」、「地域との連携」、「病院経営」の6点について運営上の目標を掲げ、今年度より新しい理念と基本方針のもと、看護の役割を自らに問い続け多くの人に信頼される質の高い看護を提供していきたいと考えています。