文字の大きさ
専門・認定看護師

救急看護認定看護師

救急看護認定看護師の役割と活動内容

実践

救急看護は、突然に発症した疾病や外傷、さらには災害医療など、様々な場面の初期段階に実施されます。ここでの看護の質が、その後の経過を左右すると言っても過言ではありません。そのため、救急看護師として病態の緊急度・重症度を基軸に、少ない情報からアセスメントし、予測性、即応性を持った対応を行い、心身の障害を最小限にとどめることに努めています。また、危機的状況にある患者・家族が心理的な満足感を得られるよう精神的援助も行っています。

指導

所属部署での勉強会や実践の中での後輩への指導、院内研修の「心肺脳蘇生法」「災害教育」「救急看護」などの講師や院内認定CPRインストラクターへの指導を行っています。新人看護師をはじめ看護スタッフに対する指導の充実、および院内の救急看護の質の向上を図っています。

相談

病棟からの相談を受け「急変時の対応・救急カートについて」の勉強会などを行っています。今後は各病棟をラウンドし、救急カートの点検などを行い、病棟の救急体制の充実を図る予定です。

その他

災害派遣医療チーム(DMAT)にも属しており、大規模災害や事故に備え、院内災害訓練の企画や院外での災害訓練へ参加しています。

心肺蘇生法の院内研修  心肺蘇生法の院内研修
心肺蘇生法の院内研修の場面です。