専門・認定看護師

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師の役割と活動内容

実践

 私たちは、患者さんはもちろん九州大学病院に従事する全ての職員、訪問者の方々を感染から守り、安全な医療環境を提供するために日々感染対策に取り組んでいます。
感染管理認定看護師には、感染に対するリスクを最小限に抑えるために、最新の科学的根拠に基づいた感染対策を実践し、提供するサービスの質の向上を図るといった重要な責任があり、効果的な感染対策が病院全体で組織的に実践できるよう活動しています。

指導

 全ての医療従事者に対して、感染管理教育を実施しています。看護部内の教育プログラムに協力し、職種別など対象に応じた研修やICT(Infection control team)ラウンドによる現場での感染対策、感染防止技術の教育・指導を行っています。また、臨床現場における感染対策の質向上を目指し、院内認定看護師を育成し、私たち自身も最新の専門的な知識・技術の基に感染管理に取り組めるよう、院内外の講師経験や研修・学会参加など自己研鑽に努めています。

相談

 医療関連感染対策に関する相談を受けています。



個人防護具の着脱についての教育場面

 

医療現場のすべての場所で貢献できるように。

感染管理認定看護師の役割は、患者さんとそのご家族をはじめ、訪問者、院内で働くすべての職員を感染から守ることです。そのため、感染対策マニュアル作成や改訂、病棟ラウンドによる教育・指導を行っています。また、臨床現場での実践モデルや指導者となる人材の育成を行っています。診療科を問わずすべての医療現場で力を発揮できる、素晴らしい仕事だと思います。

感染管理認定看護師