専門・認定看護師

小児救急看護認定看護師

小児救急看護認定看護師の役割と活動内容

実践

 小児患者のフィジカルアセスメントを適切に行い、病態悪化の兆候を早期発見し、迅速に対応できるように努めています。また、家庭における初期対応や育児指導など、こどもが健やかに成長するために必要な支援を考え提供しています。

指導

 院内外において、小児の急変時対応に関するシミュレーション研修を行っています。院内認定看護師(小児救急看護領域)を育成し、自身が所属する部署以外の小児救急看護の質の向上を図っています。

相談

 病棟からの急変事例の振り返りや退院支援に関する相談など、随時対応しています。

その他

 小児救急看護認定看護師には、子ども虐待の早期発見と対応、事故予防指導、育児支援など、多くの役割が求められています。九州大学病院を受診した小児患者とその家族に対し、安全で質の高い看護ケアが提供できるように努力しています。