専門・認定看護師

急性・重症患者看護専門看護師

 

急性・重症患者看護専門看護師の役割と活動内容

実践

 クリティカルな状況にある患者さんに対し、早期に社会復帰できるようにフィジカルアセスメントを活用し、早期回復支援、心理的支援、せん妄ケア、意思決定支援、人工呼吸器離脱支援など、スタッフナースのモデルナースとなれるよう直接的実践を行っています。

 

相談

 口腔ケアに関すること、急変事例の振り返り、人工呼吸器装着患者の呼吸リハビリ、早期回復支援やICU退室後の病棟でのリハビリテーションなど、クリティカル領域、ポストクリティカル領域に関するコンサルテーションに対応します。

 

調整

 ICUから退室される患者さんの長期予後を見据え、退室後も安全安楽に過ごすことができるようケア調整を行っていきたいと考えています。

 

倫理調整

 患者・家族の権利を擁護し、患者を中心とした医療・ケアの方針決定ができるよう支援しています。看護師の倫理観育成や日々の看護における不全感・ジレンマ解消のためのデスケアカンファレンスも実施していきたいと考えています。

 

教育

 院内外において、クリティカルケア分野の研修会(急変対応、重症患者のフィジカルアセスメント、急性期にある患者・患者家族のケアなど)を開催し、クリティカルケア分野の看護の質向上のための教育を実施しています。

 

研究

 看護倫理、意思決定支援、PICS、集中治療領域における終末期医療のあり方などを研究テーマとしています。