専門・認定看護師

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護認定看護師の役割と活動内容

実践

 外来化学療法室を利用する患者さんのケアや院内のがん看護教育を主として活動しています。がん化学療法は入院から外来へ移行し、外来化学療法室利用件数も年々増加しています。患者さんは日常生活を送りながら、その病床や治療の副作用と向き合っています。患者さんとそのご家族に対し、副作用への適切なセルフケア支援、治療の継続に伴う不安や疑問への支援を継続し、安全、確実にがん化学療法を提供できるように努力しています。また、薬剤師や医師などの他職種やがん相談支援センターや緩和ケアチームなど他部門と連携を図り、チーム医療に取り組んでいます。

指導

 がん化学療法は日々進歩しており、抗がん薬も分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬など新規薬剤が導入され、併用療法も多く行われています。様々ながん腫の治療法を理解することも重要です。その治療法の特徴や制吐療法などの副作用に対する支持療法、抗がん薬の安全、確実な投与管理がおこなえるよう、院内のがん看護教育を通してがん化学療法看護の質の向上、患者ケアの充実に繋げていきたいと考えています。

相談

 抗がん薬の投与管理、副作用への対策、患者のセルフケア支援、職業性曝露対策などの相談を受け、課題解決に向けて一緒に取り組んでいきます。