文字の大きさ
各部署紹介

医療連携センター

部署説明と主な疾患

医療連携センター

当センターは、患者さんが住みなれた地域で必要とする医療を安心して受けられるよう、高度医療を担う大学病院とそれぞれに特長をもつ地域の医療機関が有機的に連携することを目的に活動しています。
入退院支援部門、地域連携部門が役割を分担し、紹介患者さんの受け入れや、退院に向けての転院先紹介、在宅療養支援、医療相談、社会福祉相談などを行っています。
センターに運営委員会を設け、医科・歯科から選出された医師、看護師、MSW、事務職員など多職種で地域との医療連携の在り方を協議しています。また、地域医療をテーマにした講演会を開催し、院内外から多職種の参加を募り意見交換を行っています。看護師は5名配置されています。共通病床の運用管理を行い緊急入院の受け入れを円滑に行うため病床利用の調整や退院支援、在宅用医療機器および医療材料の管理を実施し、在宅療養を継続できるよう支援を行っています。

メッセージ

全病棟に退院支援専任の看護師またはMSWを配置し、病棟の医師や看護師と情報共有を行い入院早期からの退院支援に取り組んでいます。地域の病院、在宅療養支援診療所の医師、訪問看護ステーションの看護師、保健師、介護支援専門員などと連携を図り、患者さんの医療と暮らしの支援を行いたいと思います。