各部署紹介

南棟8階1病棟

部署説明と主な疾患

 消化管外科、肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科、呼吸器外科、乳腺外科、皮膚科の混合病棟です。外科では、手術や肝臓移植、内視鏡下の治療、血管内カテーテル治療、化学療法などを行っています。皮膚科では、手術や光線療法、外用療法、化学療法などを行っています。

主な疾患

食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、肝硬変、食道静脈瘤、脾機能亢進症、肺がん、縦隔腫瘍、乳腺悪性腫瘍、乳腺良性腫瘍、大動脈瘤、動脈閉塞症、下肢静脈瘤、アトピー性皮膚炎、悪性皮膚腫瘍、熱傷、難治性湿疹、母斑

看護の特徴

 手術目的の入院患者さんが多い病棟です。患者さんやご家族が安心して検査や治療が受けられるよう看護を提供しています。肝臓移植を受ける患者さんは外来と連携し、入院前より退院後の生活をイメージできる様に看護介入を行っています。
 術後は、決め細やかな観察を行い異常の早期発見に努めています。特に合併症予防のための早期離床の援助に力を入れています。また、退院後の生活に向け食事などについて生活指導を実施しています。

メッセージ

 南棟8階1病棟では周術期、慢性期と幅広い看護を実践しています。肝臓移植もあり、多くの知識と技術が必要ですが、患者さんとも深く関わることができるため、とてもやりがいがあり、学ぶことが多い病棟です。病棟の雰囲気もよく、先輩方の優しく丁寧な指導のもと、楽しく働くことができます。今後も患者さんに寄り添ったより良い看護が提供できるよう日々成長していきたいと思います。