各部署紹介

集中治療部

部署説明と主な疾患

 当部署は、ICU12床(PICU2床含む)で構成されています。
 侵襲の大きい手術後や一般病棟において重症化し全身管理が必要な患者さんが入室します。内科系・外科系を問わず、高度な治療・看護を提供して全身管理を行い、1日でも早く患者さんが回復できるように、多職種で協働し、チーム医療を行っています。

主な疾患

脳梗塞・脳出血・脳炎・脳症・クモ膜下出血・虚血性心疾患・心筋梗塞・心臓弁膜症・解離性大動脈瘤・横隔膜ヘルニア・食道がん・肝臓がん・劇症肝炎・急性膵炎・急性呼吸不全・敗血症性ショック・臓器移植(心臓・肝臓・腎臓・膵臓)など

看護の特徴

 ICUに入室される患者さんやそのご家族は、大手術後であったり生命危機状態で見通しが予測困難な状況に置かれていたりします。また、様々な苦痛や不安、倫理的葛藤や意思決定などの深刻な問題を抱えています。
 私たち看護師は、最善の医療の提供と看護師として果たすべき役割は何かを考え、寄り添う看護を実践しています。また、1日も早い社会復帰を目指し、入室早期から積極的にリハビリテーションを行っています。

メッセージ

 ICUに入室される患者さんは、重症で急変のリスクも高い方が対象となっています。疾患も様々で大変なことも多々ありますが、他の部署に比べて学ぶこと、身につくことはたくさんあります。2年目になっても日々学習の毎日ですが、とても充実しています。教育体制も充実しており、先輩・プリセプターからの指導・フォローも手厚くあり、新人看護師の方でも自信を持ってがんばっていくことができると思います。