各部署紹介

南棟6階2病棟

部署説明と主な疾患

 当病棟は、泌尿器科・一般外科の病床と共通病床あわせて45床の病棟です。
 泌尿器科では、腹腔鏡手術、ロボット支援手術、経尿道的手術などの手術療法のほか、疾患や病期に応じて化学療法・放射線療法を行っています。一般外科では、化学療法や手術前の患者さん、共通病床には全診療科の様々な疾患の患者さんが検査や治療を目的に入院されています。

主な疾患

尿路性器がん(前立腺がん・膀胱がん・腎がん・腎盂尿管がん・精巣腫瘍など)、尿路結石症、前立腺肥大症、副腎腫瘍、
一般外科疾患(食道がん、胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳腺疾患、血管疾患 等)

看護の特徴

 患者さんやご家族が安心して入院生活を送っていただけるように、傾聴と共感の心で看護を提供しています。手術目的の入院のほかにも検査や化学療法で短期入院の患者さんも多い病棟です。症状へ対応や合併症の予防や早期発見を行い不安や苦痛を緩和できるよう努めています。またストーマ管理など退院後の生活を見据えた看護を心掛けています。

メッセージ

 南棟6階2病棟では、周術期管理から、化学療法、放射線治療を受ける患者さんへの幅広い看護を実践しています。一般外科病床や共通病床もあるため、泌尿器科疾患以外にも様々な疾患をもった患者さんの看護を実践しながら、多くの知識や技術を身に付けることができます。
 病棟の雰囲気も明るく、病棟全体で協力しながら看護を実践しています。PNSを導入しており、新人看護師も先輩看護師に相談しやすい環境で、安心して日々の業務に取り組むができます。患者さんに寄り添った看護ができるよう、スタッフ一丸となって頑張っています。