各部署紹介

救命救急センター(CCU)

部署説明と主な疾患

 循環器救急医療を担う部署です。10床で、急性期の重症心疾患患者、さらに重症心不全に対して機械的補助循環を行っている患者に対応しています。急変を想定し、緊急心臓カテーテル検査、その他の治療を迅速に開始できる体制をとっています。クリティカルケアを要する患者さんに安全で質の高い集中治療ケアを行うため、多職種と連携してチーム医療に努めています。

主な疾患

急性心筋梗塞、重症心不全、重症不整脈、急性肺梗塞、急性大動脈解離、肺高血圧症、急性心筋炎の患者さんが入院されています。

 

看護の特徴

 生命危機状態での緊急入院や救命処置が多く、迅速な判断と適切な対応を求められます。病態を理解し、確実なモニター監視やME機器管理のもとにケアを行い、異常の早期発見に努めています。同時に、1日も早い社会復帰を目指すための早期心臓リハビリテーション、離床に取り組んでいます。このような身体的ケアとともに、患者さんが安心して治療に専念できるよう、患者さんやご家族の想いへの共感を忘れることなく看護に努めています。

 

メッセージ

 CCUには循環動態が不安定で急変リスクの高い患者さんが入室されています。その中で私たちは日々患者さんの状態や変化を細かくアセスメントして看護の提供を行っています。また患者さんだけではなく、ご家族の精神面等のフォローができるようにも努めています。
 初めはわからないことだらけで戸惑いますが、先輩方が一から丁寧に指導し支えてくださるので成長を実感しながら働くことができます。責任も大きいですが、その分とてもやりがいを感じることができると思います。