各部署紹介

南棟11階病棟

部署説明と主な疾患

 病床数は1病棟34床、2病棟38床です。診療科別では、眼科48床、免疫・膠原病・感染症内科6床、特別室(15床A3室・B12室)、共通病床3床からなる混合病棟です。
 眼科では、手術をはじめ遺伝子治療、放射線や化学療法剤による腫瘍の治療、治験などの診療が行われています。手術件数や入退院が多いなかクリティカルパスで高度な医療を提供しています。特別室は全ての診療科を対象としており、多くの診療科の手術、心臓カテーテル検査など侵襲的な検査、化学療法等多様な疾患の患者さんへ看護ケアを提供しています。

主な疾患

眼科:白内障、緑内障、網膜硝子体疾患、腫瘍、網膜剥離、加齢黄班変性症
特別室:悪性腫瘍、心疾患
免疫・膠原病・感染症内科:心疾患、膠原病、ベーチェット病

看護の特徴

 眼科では、眼症状が急激に出現あるいは悪化して不安を感じている急性期の患者さんや、周術期の患者さんに対応しています。安全の確保や日常生活の援助、あるいは手術前後の看護を通じて、医師をはじめMSWや薬剤師とチーム医療を行ない、心身両面から適切に支援できるように努めています。また、特別室や免疫・膠原病・感染症内科の患者さんへいつでも、十分な知識をもって対応できるよう、幅広い専門的知識や技術を修得して安心で安全な看護ケアを提供できるよう努めています。

メッセージ

 南棟11階病棟は眼科が主な診療科です。手術の患者さんも多く、入退院も多い病棟ですが、クリティカルパスを多く活用して安心で安全な看護を提供しています。また眼科以外に免疫・膠原病・感染症内科、共通病床、特別室があります。すべての診療科の患者さんを受け入れているので、内科系から外科系までの多様な疾患や治療、看護ケアを学ぶことができます。幅広い知識や技術を身につけるために、勉強会を開催し知識や技術の習得に努めています。PNSの看護体制とプリセプター制度が充実しているので、新採用者も毎年元気に2年目を迎えています。